スコーン
b0001270_47443.jpg

スコーン焼きました。
小麦粉とバターと卵と牛乳のシンプル・プレイン・スコーン。
でも、焼き上がりに「狼の口」ができていると、なんだかうれしくなります。
今日は、おやつにおにぎり。夕食は、このスコーンとチーズとサラダという、ちょっと妙な日曜日でした。

b0001270_4143065.jpg


今回のレシピです。



スコーン
-----------
薄力粉: 225g
ベーキングパウダー: 小さじ2
重曹: ひとつまみ
砂糖:片手に乗るくらい
塩:ひとつまみ
バター: 40g
卵(小): 1個
牛乳: 適量(いい加減でごめんなさーい!計ってませんっ。)
--------------

1. 薄力粉とベーキングパウダー、重曹、砂糖、塩を合わせておきます。
(だいたい、ふるう・・・と書いてありますが、ふるいませんでした。←面倒だったから。)

2. バターは冷蔵庫から出して、冷たいナイフで細かく切って、粉に投げ込んでいきます。
(・・・別に投げ込まなくてもいいとは思いますが・・・。)

3. 冷たい水で手を洗って(←つまり、手を冷たくする。)バターを粉に指先でもみこんでいきます。粉がぼろぼろになればしめたもん。

4. 卵1個を混ぜて、手でさっくり混ぜます。(←こねない。)

5. 卵の大きさにもよると思いますが、この時点でまだ粉っぽかったら、冷たい牛乳を適宜足して、"麺生地よりは固いけど、まとまるな"・・・状態にします。

6. こねずに丸くして、そのままビニール袋に入れて、冷蔵庫に1時間寝かせます。

7. 1時間経つと、結構しっとりしてくるので、それを小麦粉で打ち粉をした台に乗せて、伸ばします。

8. ちょっと厚めに平たくしたら、丸いもので型抜きしていって、天板に並べます。このとき、それぞれを横にくっつけて並べていきます。(両隣や上下、必ず生地同士が接しているようにしてあげてください。)生地の上に牛乳を塗ります。

9. 220度で、10分ちょっとでこんがり焼けました。


・・・ほんとに、いい加減なレシピで、申し訳ありません。
材料と混ぜる手を冷たくしておくことと、全部すばやくすることと、こねすぎないこと、焼くときにくっつけて焼くこと・・・がポイントでしょうか。幸運をお祈りいたします。
[PR]
by mira_uk | 2004-10-04 04:13 | 美味しいもの
<< 今日のスコーン おにぎり >>