イギリス白米
b0001270_7464841.jpg

もちろん、ロンドンなどの都市部に行けば、日本食材店やアジア食材店があり、カリフォルニア米やイタリア米等、ふつうの白米が手に入ります。

・・・が、

中西部ウェールズでは、それが不可能です(泣)。
オンラインでも注文はできますが、この場合、ひとりで注文すると、送料がバカになりません。しかも、この家で「白いご飯」に愛着があるのは、わたしひとりなので、送料ごときにそこまでお金を使うこともバカらしく思える・・・。

b0001270_7583666.jpgそんなときに買うのが、こっちのスーパーでも購入できる「プディング・ライス」。
米を牛乳と砂糖で煮込むデザート(嫌いです!)の、「ライスプディング」用の米です。でも、米自体が甘いわけではないので(←当たり前だ)、これで代用。立派なショートグレイン・ライスなわけです。これ、難点は、炊いてからしばらくすると(保温しておくと)、ものすごく不味くなること。そこに目をつぶれば、まあまあ食べられます。
ちなみにこれは、デザート売り場に置いてあります(悲)。

ドイツでは、これは「ミルヒライス」(ミルクライス)という名前で売られていたのですが、ドイツのほうが、イギリスものより微妙に美味しかったような気がします。何故だろう・・・。
[PR]
by mira_uk | 2004-10-25 08:02
<< シトラス粥 子どもだましのピッツァ >>