<   2004年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧
クラッカー押し寿司
b0001270_1433415.jpg

クラッカー押し寿司です。
クラッカー(ソルト&ペッパー)の上にクリームチーズを塗り、同じ大きさの押し寿司を乗せて、その上をパラパラ飾ったものです。押し寿司の型は、マヨネーズの蓋がぴったりの大きさだったので再利用してみました。

クラッカーは市販のこんなの。
b0001270_1482066.jpg


ひとつは、寿司飯にわかめで、トッピングはクリームチーズとトマトとローズマリー。(相性はなかなかぴったり。) もう1種類は、寿司飯に紅生姜(手作りしました!・・・が、赤すぎ(笑))、上からちりめんしそ(いただきもの)をパラパラと・・・です。
b0001270_1513730.jpg

食べながら生姜を追加でたっぷり乗せていただきました。ぶふ。

えーと、味ですか?美味しかったですよ~。
寿司飯の変化とトッピングのバリエーションが楽しめて、日本人以外の人にウケると思われます。パーティーにもどぞ!
[PR]
by mira_uk | 2004-10-31 01:55 | 美味しいもの
炊飯器でパスタ
Sleipnirから全然アップできないので、FireFoxに変えて挑戦!(・・・で、アップできました。なぜ~?ひどい・・・泣。)

b0001270_8581835.jpg

和食好きな息子に、洋食派な夫。この「香辛料大嫌いな薄味派」の男どもに対して、私は激辛派でエスニック党。この3人の(たった3人の!!)要求を満たすために、食事の準備が3通りなこともあるうちの台所。でも疲れているときは、当然、自分の欲求が最後になるんですよね(悲)。
そういうとき、ちょこちょこーっと一人分を作るのに、時々炊飯器を活用させちゃいます。

b0001270_9101855.jpg昨夜は、炊飯器でパスタ(一人分)。お釜の中に、にんにくと唐辛子、オイルをたらして、折ったスパゲッティを入れてじゃがいもで重しをしたら、ひたひたの水と塩少々を入れて、炊飯器セット。沸騰してぐつぐつなってきたら、麺の様子を身ながら、適当なところでスイッチ・オフ。お皿に移してあとは食べるだけです。後片付けもラクチン。
イタリア人に見せたら嘆かれるかもしれませんが(汗)、でも一人分のお手軽パスタにはちょうどいい。
[PR]
by mira_uk | 2004-10-30 09:22 | 美味しいもの
炊飯器でパスタ
炊飯器でパスタ・・・をアップしようとしているのですが、画像がまったくアップできません。
なぜ~~??私だけですか?ひどい!(泣)
[PR]
by mira_uk | 2004-10-30 08:19 | 美味しいもの
お惣菜トルティーヤ
b0001270_7285039.jpg小さい頃、じゃがいもの短冊切りをカレー粉で炒めたおかずが、時々食卓に上がりました。じゃがいもはシャキシャキで、そこにカレーのスパイシーな香りが鼻腔を突く、簡単だけど美味なる一品でした。
じゃがいもの国、ドイツに嫁に来て、そのあと、芋連合国のイギリスに移動したというのに、このお惣菜を作る機会は少ないです。何故だろう?きっと、じゃがいもシャキシャキというのが、ここではレアだから?

でも今日は、冷蔵庫が空っぽだったので、じゃがいもとインゲンのターメリック炒め。
そのままでも芸がないので、クレープ風パン生地で包んでみました。
何の変哲もないお惣菜トルティーヤですが、こうして食べてみると、結構新鮮でした。この感覚で、肉じゃがとかきんぴらとかおでんとか包んでみるのも悪くないかも・・・。(え??)
[PR]
by mira_uk | 2004-10-29 07:38 | 美味しいもの
安上がりな一人分
今朝、家族に食事を用意してからしばらくして、自分が何も食べてなかったことに気がつく。
・・・しかし、既にお皿も鍋も空(涙)。
そんなときには、私はいつも自分用にお好み焼きを作ります。
b0001270_9141394.jpg

今回は、大量のキャベツとにんにく、チーズ、アボカドのお好み焼き。粉はただ水で溶きました。焼いたら中からチーズが溶け出し、アボカドが微妙なテクスチュアを生み出して、お好み焼きというよりは、変わり焼き。(←またですかあ?)
にんにく、入れ過ぎたな・・・(泣)。
[PR]
by mira_uk | 2004-10-28 09:15 | 美味しいもの
洋風巻き
以前、冗談で寿司パンを作ったら、夫や他の日本人ではない人たちに大ウケしてしまった。
何故だかよくわからないのだが、きっと「寿司飯とパン」に違和感のない人も、世界には多いに違いない。・・・というわけで、洋風巻き第2弾!
b0001270_6484657.jpg

外側は、クランペット風なパン生地。中身は、トマト+酢(ほんの少し)のごはんに、炒めたフェンネル。中心はソーセージ(これは、ベジ・ソーセージ)です。
b0001270_651174.jpg

・・・で、やはり夫の気に入ったようです。なんでだろう・・・?ま、いいです。

この生地は、小麦粉に砂糖少々、塩少々、Cream of Tartar少々をミルクで溶いたもの
なのですが、これをパンケーキ風に焼いてバターを落としたら、息子いわく「おかあさん、これ、クランペットだよ!」とのこと。穴は開いてませんが、もちもち感は確かにクランペットでした。
b0001270_6535567.jpg

[PR]
by mira_uk | 2004-10-27 06:54 | 美味しいもの
抹茶餡巻き
ハーフタームでお休み中の息子に「どら焼き食べたい!」と言われて、小豆を煮ていたら、今朝、「PRIVATE CAFE」さまで拝見した「お茶と力?」を思い出してしまいました。

でも、まずは「どら焼き」。
生地は、卵、薄力粉、白玉粉、みりん、水、砂糖で、パンというよりは、もちもちどら焼き。
一枚一枚、フライパンで薄く焼いて、ずっしりとあんこをはさんで、どら焼きです。
b0001270_5191923.jpg

ちなみに今日のあんこは、仕上げたつぶあんをブレンダーで砕いて、こしあん風に。なめらかだけど、味はつぶあん(笑)。

生地を1/3ほど残して、そこに抹茶を加えて香りを出したら、今度は牛乳を加えてクレープくらいの固さに・・・。それを薄くフライパンで焼いて、巻き簾の上に乗せて、餡を塗ってくるくる巻いてみました。
それを切るとこんな感じ。
b0001270_523181.jpg

b0001270_5234787.jpg

生地に白玉粉が入っているせいか、もちもちしてて結構美味しかったです。

PRIVATECAFEさま、ありがとうございました。
お茶と力?
[PR]
by mira_uk | 2004-10-26 05:26 | 美味しいもの
シトラス粥
zochikaさんの一日一膳の「和風な西洋料理のはずが」で紹介されていた、Eric Gower氏のサイト。(Eric's Kitchen
この方の斬新なレシピがおもしろくて、ついつい読みふけってしまったのですが、その中で、どうしても試したくなってしまったディッシュ。

Citrus okayu

ここには簡単な概要しか書いてありませんが、もう、そのイメージで十分(笑)。
わずかに棚の奥に一握り残っていた「もち米」で、お粥を作ってみました。
梅干はないので、代わりにお酢と、それから古い「梅茶漬け」(←処分する寸前でしたの・・・(笑))をバサーっと開けて、その中から「梅」と思われるものをつまみ出して、ぽいぽい入れてみました。残念ながら、隠れ戸棚(私専用)には、赤ワインしか残っていなかったので、ワインはパス。
できあがったものがこれです~。
b0001270_462366.jpg


もち米はしばらく水に浸してから使いました。それから、にんじんジュースの代わりに、すりおろしたにんじん(←zochikaさんのアイディアの真似...)、ベイリーフ、レモンジュース、塩と酢で煮込みました。最後に、レモンの皮をすりおろしてトッピング。(←ここは自己流アレンジ。)

すごおぉぉぉぉーーく美味しかったです。ほんと。
2杯目に、わさびを乗せてみましたが、これもまた美味でした。
レモン好きな方なら絶対にいけます!おすすめ度は、★★★★★
[PR]
by mira_uk | 2004-10-26 04:10 | 美味しいもの
イギリス白米
b0001270_7464841.jpg

もちろん、ロンドンなどの都市部に行けば、日本食材店やアジア食材店があり、カリフォルニア米やイタリア米等、ふつうの白米が手に入ります。

・・・が、

中西部ウェールズでは、それが不可能です(泣)。
オンラインでも注文はできますが、この場合、ひとりで注文すると、送料がバカになりません。しかも、この家で「白いご飯」に愛着があるのは、わたしひとりなので、送料ごときにそこまでお金を使うこともバカらしく思える・・・。

b0001270_7583666.jpgそんなときに買うのが、こっちのスーパーでも購入できる「プディング・ライス」。
米を牛乳と砂糖で煮込むデザート(嫌いです!)の、「ライスプディング」用の米です。でも、米自体が甘いわけではないので(←当たり前だ)、これで代用。立派なショートグレイン・ライスなわけです。これ、難点は、炊いてからしばらくすると(保温しておくと)、ものすごく不味くなること。そこに目をつぶれば、まあまあ食べられます。
ちなみにこれは、デザート売り場に置いてあります(悲)。

ドイツでは、これは「ミルヒライス」(ミルクライス)という名前で売られていたのですが、ドイツのほうが、イギリスものより微妙に美味しかったような気がします。何故だろう・・・。
[PR]
by mira_uk | 2004-10-25 08:02
子どもだましのピッツァ
b0001270_73561.jpg

子どものいきなりなリクエスト。「ピッツァが食べたい!!どうしても食べたい!」
そんなときのためにいつも冷凍庫に入っている、100円(49p)の冷凍ピッツァ。
そのままオーヴンに入れてもいいのですが、そこにフレッシュトマトとチーズをもう一度乗せるだけで、見た目が「ゴージャス」になります(笑)。

ま、ただ単に子どもだましなだけですが・・・・・・。
[PR]
by mira_uk | 2004-10-25 07:06 | 美味しいもの